滝沢カレンさんといえば、独特の日本語の言い回しや、他の芸能人を四字熟語で表現したりと、バラエティ番組にひっぱりだこの存在です。
陽気で時におバカキャラとしても売っていますが、同時に、最愛の母親との別れを秘して“キャラ”を通す、プロ意識と心の強さの持ち主でもありました。

一方で、その言い回しはわざとだったことがイラつくとも言われているようです。

母親の死因はガン。
母親の画像や、幼少期時代からわかる母国語や言い回しの理由を探してみました。

是非最後までお付き合いください。

滝沢カレン プロフィール

  • 名前:滝沢カレン(たきざわかれん)
  • 生年月日:1992年5月13日
  • 出身地:東京都
  • 職業;ファッションモデル、タレント
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

母親画像や死因はガン乗越え母国語は何??

出典:https://mappi-room.info/archives/894

滝沢カレンさんと、母親画像です。

母親は日本人。顔が違うことがハッキリわかります。
二重やアイラインの化粧の仕方、口元や顎のラインはそっくりに思えます。

死因はガン

滝沢カレンさんの母親は、宮沢さゆりさんです。

宮沢さゆりさんは、2018年7月、56歳という若さでこの世を去りました。
死因はガンと言われているのだそう。

この投稿をInstagramで見る

みなさん、居間を長いこと離れていました😵✨おそらく皆さんいなくなってるかとビクビクしながらふすまを開けてる感覚です😣 ご心配してくれた方も、特にしてない方もまとめて、申し訳ありませんでした🙏🏻 私は離れていた時も今も元気ですので何の不思議にも思わないで下さい😢💕💕 歩く道の下確認もいいですが、前を向いて、私たちは離れていたっても、どこかで手を繋いでいる感覚は忘れないで歩きましょう👫👭👬👯‍♀️👯‍♂️💓 そんな強気になりたい今日は、 大好きが未だ止まらない、横夏こと横澤夏子さんとの対面でした❤️👭💗 とにかく2人で話すという最高すぎるお仕事でした😢🤣👏🏻💕💕❤️💗 実は、7月20日に誕生日を終えた横澤さんは何かあっあのかと思うほど何かを得た表情をしていましたが、多分プレゼントをたくさんの方々からもらったんだと言える表情だと思います😍🍒👏🏻 そんな28歳の横澤さんは、小説のように字がたくさん書かれた本を出しました📕😍💓💓❤️💗❣️❣️❣️✨✨👏🏻 さすがに28歳の横澤さんは違いますね👩🏻🧚🏼‍♂️🧚🏻‍♀️👑 感じた事をここぞとばかりに、溢れ出た感情があったのかもしれません🐥💕💓 私はとても尊敬しています…🍒 あんなに働いていたはずの横澤さんでしたが、いつの間に本を書いていたんでしょう😣💦💓 すごいなぁと思います📕 皆さん、横澤さんの熱が詰まった真夏の夏に暑いにさらに熱いぴったりの本を絶対読んでください🙏🏻🙏🏻💗💗💗 そんな横澤さんへの誕生日プレゼントはまさかまさかの愛の持ってきようにコテンパになり、ほとんど同一人物の服のセットをプレゼントしました🎁💓💗 横澤さんを見るたびに、こんなお洋服が似合うだろうなぁ😍😚💓と良く思うので、思い切って私が選ばして頂きました👩🏼👩🏻✨🍒💕💓💗 今日は同じ服を着てこようと何日も前から打ち合わせしていた日で、今日忘れて違う服を着て来てしまったら、横澤さんの悲しむ顔を想像するだけでゾッとします😣💕✨ なので朝から何回も鏡でチェックしてこの通り成功しましたっっっ🐥❤️🧚🏼‍♂️🧚🏻‍♀️✨ すっごく幸せです👭👑 今日改めて、横澤さんは文才だけではなく、人を笑わせ、私を安らげて自然と笑顔にさせてくれる最高な人でした😚💗💗✨ それではおやすみなさい👋🏻 今度こそまたすぐ来ます🤙🏻👩🏼 そして何があっても出てこないとしたっていつも私はここにいます…💓

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

滝沢カレンさんは、週に何回かのペースで自身のインスタグラムを更新していますが、当時のインスタを遡り見てみると、7月4日から7月25日まで更新がありませんでした。
亡くなったのが2018年7月ということなので、この間に宮沢さゆりさんが亡くなった可能性が考えられます。

亡くなる直前まで同じマンションに住んでいたようです。
幼少期に両親が離婚し、母親や祖父母と生活していたということから、母親と過ごす時間・距離・密度は深かったことでしょう。

葬式で喪主を務めたとしています。
「またママの子で生まれてきたい」と語り涙を流していたといいます。

最愛の母親を亡くし、とてもつらかったことでしょう。
家族に不幸があったことが話題にならなかったのは、滝沢カレンさんが、そんなことをを全く感じさないくらい陽気なキャラでいたからだと思います。

母国語はハーフだから英語?

この投稿をInstagramで見る

みなさん….😌 誰もが認める、2016年12月31日という日になりました💫🌎 それでも世界は不思議なもんで、 どんなに世界的に偉い人が「いっせーのせで2017年にしようよ🤔」と言うもんであれば上手くはいかず、、 各々、国特有のズレをどこかしこも持ちながら、そんなズレをあたかも感じさせない、2017年の幕開けなのです⚡️🕊🌎✨ わたしは楽観的にこんなことを考えて不思議な気持ちになるという感情の繰り返しでいま、 ここにいます😅💕 この独特のズレを誰しもが口を挟まず、 わたしたちは日本が生み出した時間を良い意味で鵜呑みにしては、明日への期待を秘めているんですか❓😌💫 「おいおい、発明家じゃあるまいし何が言いたいんだ🤔」というのであれば、、 2016年みなさまと同じ感覚で公平に頂いた、 時間をここぞとばかりに有効活用することができました🙏🏻☺️🌟 なんの言い残しもなく、 なんの名残惜しさもなく、 なんの感情もなく、、 ただただ見つめる先には、 だだっ広く広がる光の波が見えます😌💫 ここまで言うのだったら、 24年間生きていて一番、夢に積極的に向き合えた年であり、それは何を隠そう、毎年毎年更新していきたいです🕊🕊🕊💗 みなさまにとっても、 すさまじい年であったと願いつつ、 2017年のあの重く分厚い扉をいま、 こじあけません❓🚪 みなさま、 もし世界的に偉すぎる人が「はい、実は今日は2023年6月21日でしたー」なんてバラまかされたらどう思うのですか❓🤔🌟 一体、誰が信じるであろうか。。 わたしはそんな事をただひたすら考えて、 2016年はひっそりわたしの心の金庫に閉じ込め予定です😋✨ ようは、小さいことは気にするな🌞 という話ですね☺️💗 それではみなさん、 良いお年をお迎えください💞🎋 #2016年おつかれさまでした #数字はなぜ増えていくのか #謎は生きてる分だけ増えるばかり #答えなんて知ってしまったらつまらないじゃないか

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

母国語は、ウクライナ語になるようです。
なぜなら、父親がウクライナ人、国籍がウクライナだから。

常用語は日本語。

ハーフということや、独特の言葉の言い回しから、英語が話せるのか気になると思います。
結論、英語は全くできないようです。

面白かった言葉の言い回しは、
「数々は」「今は彼氏がいない。恋愛禁止かどうかについては、フリーダムです」
「これから今年も始まりました。仕事いっぱいしたいので番組なんかの提供だったり雑誌だにJJやってます」
「誰もが認める、2016年12月31日という日になりました」
「わたしたちは日本が生み出した時間を良い意味で鵜呑みにしては、明日への期待を秘めているんですか」
「2016年はひっそりわたしの心の金庫に閉じ込め予定です」
など。

オススメ記事:梅宮アンナ 家族構成とがんの余命について

梅宮アンナ 家族構成とがんの余命について

わざとだったキャラにイラつく!?

一方で、その言い回しがわざとだったと言われています。また、話し方がイラつくとも言われているようです。

というのも、宮本エリアナさんが、滝沢カレンさんや他のハーフタレントに対し「あなたたちのせいでハーフが馬鹿に思われる」「滝沢カレンさんは楽屋では普通にしゃべっていましたよ」というクレームを入れていたそうです。

ですが、一番近い存在だった滝沢カレンさんの母親の宮沢さゆりさんは、滝沢カレンさんの話し方は自分のせい、と話していたんだとか。
宮沢さゆりさんは、ロシア語通訳の仕事もしていたそうで、滝沢カレンさんが幼少期にロシア人ばかりいる環境で、ロシア語を聴く機会が多かったことから、おかしな日本語になってしまったと言っていたそうです。

まぁ、それはわかる気がします。
例えば、なまりがある地域に住むと、なまりが。関西方面に住むと、関西弁が移るのと一緒の感覚でしょう。

本当にみんなのおかげてSTモデルとしてたぁくさんいい思い出ができたょ~♪

わたしの思いもみんなに伝わってたかな??

文章で表現するのって難しくて、なかなか伝わらないかな?と思ってたんだけどね、みんなのあたたか~いコメントやファンレターのおかげで、楽しく書くことができたよ。

下手くそな文章であることは、申し訳ありませんでした(T_T)

でも自分なりに、みんなと繋がれてたしすごく身近に感じられたことを嬉しく思います♪

引用元:Yahoo!モバゲーブログ

過去に、Yahoo!モバゲーブログに投稿していた文章と現在の文章を比べてみると、前者はいたって普通に感じるため、やはりわざとだったのか?と思えますが、SEVENTEENのブログということで、おそらく事前にスタッフさんなどのチェックが入り、あまりにおかしな日本語があれば修正されていたことが考えられます。

オススメ記事:釈由美子 子供が発達障害で指4本の噂や歩かない真相は?スッキリでのスキップ動画にわざとの声!?

釈由美子 子供が発達障害で指4本の噂や歩かない真相は?スッキリでのスキップ動画にわざとの声!?

まとめ

  • 母親画像は上記
  • 母親は宮沢さゆりさん、死因はガン
  • 家族に不幸があったことが話題にならなかったのは、滝沢カレンさんが、そんなことをを全く感じさないくらい陽気なキャラでいたから
  • 母国語は、ウクライナ語
  • 常用語は日本語、英語は全くできない
  • 言い回しがわざとだったや、話し方がイラつくとも言われている
  • 幼少期にロシア人ばかりいる環境で、ロシア語を聴く機会が多かったことから、おかしな日本語になってしまったと母親が話す

最愛の母親を亡くし、つらい思いを乗越えた滝沢カレンさん。

今後もご活躍期待します。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。