萩原健一さんが、2019年3月26日に都内の病院で亡くなったことがわかった。
2011年からGIST(消化管間質腫瘍)を患い闘病してきたが、幼体が急変し、帰らぬ人となった。

GIST(消化管間質腫瘍)とはどのような病気なのだろうか?
また、萩原健一さんと水谷豊さんを懐かしむ声が寄せられている。

是非最後までお付き合いください。

萩原健一 プロフィール

出典:https://www.2nn.jp/mnewsplus/1553782331/
  • 名前:萩原健一(はぎわらけんいち)
  • 本名:萩原敬三(はぎわらけいぞう)
  • 生年月日:1950年7月26日
  • 出身地:埼玉県北足立郡与野町(現・同県さいたま市中央区)
  • 職業:俳優、歌手
  • 配偶者:小泉一十三(1975年~1978年)、いしだあゆみ(1980年~1984年)、冨田リカ(2011年~2019年死別)

GIST(消化管間質腫瘍)とは

萩原健一さんが、2019年3月26日に都内の病院で亡くなったことがわかった。
2011年からGIST(消化管間質腫瘍)を患い闘病してきたが、幼体が急変し、帰らぬ人となった。

GIST(消化管間質腫瘍)とは、Gastrointestinal Stromal Tumorの略称。
10万人に1~2人と希少がんのひとつに位置づけられている。

胃や小腸など、消化管の壁にできる転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)。
大腸、食道はまれであり、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示す。

自覚症状に気づきにくい腫瘍であり、貧血、腹痛、腫瘍からの出血による下血などの症状があらわれることがあるそうだ。

切除することが可能な場合は、手術を行い、完全切除できたと思われる場合でも、手術後に肝臓や腹膜への転移を起こすことがあるという、なんともやっかいな病気であろう。

もう水谷豊だけ

 

 

まとめ

萩原健一さんが、2019年3月26日に都内の病院で逝去。
2011年からGIST(消化管間質腫瘍)を患い闘病してきたが、幼体が急変し、帰らぬ人となった。

GIST(消化管間質腫瘍)とは、10万人に1~2人と希少がんのひとつに位置づけられている。
胃や小腸など、消化管の壁にできる転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)。
大腸、食道はまれであり、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示す。

がんにはステージがある。
GIST(消化管間質腫瘍)は、10万人に1~2人と希少がんということもあり、生存率がどれくらいなのか統計は少ないかもしれない。
GIST(消化管間質腫瘍)になった有名人も今までに見つけられなかった。
2011年から約8年間という期間が長かったのか短かったのかはわからないが、安らかに眠ってほしい。

「傷だらけの天使」で存命しているのは水谷豊さんだけと惜しむ声が寄せられている。
水谷豊さんも数年経てば70代に突入する。健康には気をつけていただきたい。

人は寿命は避けられないが、みなさんも、健康に気をつかい、病気予防できるところは予防していきましょう。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。